☆ ブーツアウト・ブーツイン

 <男のブーツの履き方>

 

 

 実用的履き方としては、必ずブーツアウトが基本でいいでしょう。

意味があり、ブーツインだと、歩く度に砂、小石がブーツの中に入り込むからです。

 

そして、雨の日では雨水がブーツの中に直接滲入し、川、水たまりでは一瞬、ふくらはぎあたりまで浸ってしまうことは勿論、しぶきにより、直接水が滲入してしまうからです。

 

ブーツアウトは、パンツの裾がブーツシャフトを覆うことで埃や水へバリケードの役割になります。

 

 軍隊ではブーツインが多くみられますが、裾の余りが邪魔になるからです。また、ヒル、ダニなどの害虫の進入を防ぐ効果はあります。しかし、ブーツの編み上げの紐が草木などに引っかかるという難点があるんです。そのためだと思います、パンツの裾に引き紐が付けられていて、ブーツアウトで履き、裾を紐で引き閉める履き方も用いられています。

 

 ブーツインとは裾のひらつき防止と害虫避けが必要な環境以外ではほとんど意味がありません。

ファッションとしてはどれも有りですが、裾を排除するか、ブーツシャフトのバリケードとするかは自由でいいでしょう。

リーバイス生デニムのサイジング

f:id:tourin:20170630190041p:plain

↓水洗い後裾はカットしています

f:id:tourin:20170630190723j:plain


 

シュリンクトゥフィットという布地をご存じだと思いますが、

生デニム (Rigid) 

と言われるものです。
この糊まで付いているパンツを販売してるのは有名な501ジーンズがあります。それを、どいう経路で店員やファッション誌が勘違いしてるのか考察してみました。それには基本的な間違い情報がありました。

シュリンクトゥフィット501は2サイズ大きめを!”と…。これは多くの人が聞いたことがあると思います。
たしかに、2サイズいえ、正確には2インチほどといったほうがいいでしょう。
それはウエストではありません。裾の話っだたわけです。

 実体験で分かりましたが、最初は私もウエストが2サイズ大きめでちょうどになるんだと店員を信じ購入。
洗濯後確かに、ウエストも縮みますし裾は2インチほど縮みましたが、なんと、ウエスト自体は「2」サイズ大きめのままで失敗です。ベルトで縛るか、結局は、ウエストを糸で絞って穿いています(汗)。


サイズまとめ>

※実施例>アメリカ製501シュリンクトゥフィット(生デニム)は、ウエストも裾も洗濯後かなり縮みます。

それは、裾がパッチ表記よりも誤差が大きく、さらに2インチほど縮むため裾は長めに見積もる(表記サイズより長め選択が正しい)。しかし、ウエストは30なら通常のほぼ30インチになるので表記どおりに。

社がレングスのみに正確な収縮率を見逃していたわけです。USA及び日本製で実体験しています。。2サイズ大きめ<裾が2インチのことでしょう。

    このややこしさがあるから店員や冊子が勘違いし、2サイズ大きめと謳う間違いをしたのでしょう。
残念ながら、実体験がない店員でしょう、未だ店員の一部に、生デニムはウエスト2サイズ大きめを勧める事実。ご注意を(汗)。



 なお、昔のデッドストックと違い現在のリーバイス生デニムは、レングスも洗濯後に表記通りに縮むよう修正されてると予想しています。

 自分は都会でもリーバイス自体穿いてる人をまず見たことない時代から先んじ501ジーンズは穿いてたわけです。
501の自分の愛用歴史はかなり長いです。苦い思い出となるジーンズの話でした。

余談>

 

 ジーンズのベルトなしは良いかダメかと悩むかたがいますが、悩まないように!!

ループ付きでベルトなしはジーンズだけに許されたアイテムです。

ファッション界で既に認められたお墨付きです(定番)。

ベルトなしスタイルはジーンズ独特のラギッドスタイル。

 

フレイドヘム

 

 簡単には、ロングレングス・カットオフジーンズです。

時代は繰り返すとは本当で、これはもう、40年以上昔に田舎でも流行っています。


さすが、ジーンズにだけ許されたアイテム。ジーンズってラギッドなのがいい!

 ジャケット編>

(上 水洗い前)

f:id:tourin:20170630185257j:plain

(下 水洗い後)約10%ほど縮みます。

アウトドア編・日帰りトレッキング(私の体験まとめ)

       頂上その景色と弁当と下りの爽快感
                    (個人の感想)

若い女性の間のトレッキングブームが今も続いています。最近までは中高年のスポーツというイメージがありました。日本は低山や中低山が多く、そのことから中高年に向いていることがあるのでしょう。それがアメリカ、ヨーロッパとなると高山・クライミング地として若者のスポーツというのがイメージとしてあるのです。 

明確な定義ではないですが、高山2000m以上。中山1000m程度。低山(丘陵)500m以下となります。

                


          <トレッ
キング必要な道具類

登山靴>装備で最も重要です。くるぶしを覆ったハイカットタイプが お勧め。
トレッキングシューズを選ぶコツ>トレッキングシューズは下りがその力を発揮します。
丁度の靴ではダメなんです。爪が剥がれたり、付き指するなど負傷しやすいのです。必ず+0.5~1.0cm大きめを選びましょう。代表ソールが、ビブラムラグ#100(ユニット式#132)ソールがお勧めです。ラグソールで他にも軽登山、街履き用の#1136もあります。

バックパック(リュック) 日帰りなら、20リットルから30リットルが
 一般的。

レインスーツ(お勧めが、ゴアテックスのセパレートタイプ)
 ・折りたたみ傘(好み)

着替え(下着・ソックスなど)

防寒着 (薄手のセーター、スウェット各数枚。乾きやすい物をお勧め)ジーンズなど綿製品は動きがとれにくく、水にぬれると乾きにくいため、避けましょう。

!ただし、日帰りトレッキングでは余り無いかと思いますが、キャンプファイヤーなど、火の傍の環境では化繊のアウトドア・ファションは火の粉によっても穴が空く欠点があるため、綿布地の頑丈なワーク・ファッションに着替えた方がいいでしょう。


非常用食料・飲料水

救急セット・常備薬

懐中電灯(or ヘッドランプ)・ラジオ・携帯電話・地図・方位磁石・ストック

筆記用具

タオル・ハンカチ・手袋
 (トレッキンググローブ。個人は100均の樹脂付き軍手)・ロープ

保険証(コピーで可)

ビニール袋・濡れティッシュー・トイレットペーパー
 (場合により洗面用具)

帽子・レジャーシート

有ると便利
 折りたたみスツール・カメラ・双眼鏡・温度計・植物図鑑・
 応急処置マニュアル
 など…。

日帰り登山の目安としてはこの程度。上記用具は万全を期して必要ですが、ロープは万が一を考えればと考慮。(!テント、寝袋や毛布類は一泊の場合必要ですが日帰りのため、含めません)




         <トレッキングマナー アドバイス



※なんといってもトレッキングの醍醐味は晴天日♪

 初心者は季節として、春秋の2シーズンがいいと思いますよ。夏は虫さされや、危険生物と割合遭遇しやすいんです。なにより、暑さ。体力も消耗しやすいです(ちなみに、秋冬であっても登りの間汗をかくほど)。また、冬の雪高山は上級者でも滑落の危険と、凍傷の危険を伴うのです。避けたほうが賢明。日帰りなら必ず、早朝から出発が余裕もあり気持ちが良いですよ!
-----------------------------------------------------------------------
トレッキングのプラスアルファとして、調理器具で調理をお勧め


チタンは軽いのが利点ですが、チタンは熱伝導率が悪く、一部へ集中的に熱を受けるために焦げやすく手入れも大変。チタンは火を使わない食器にすればいいと思います。

 ステンレスは重く、これも
熱伝導率が低く焦げ付きやすいのです。一番最適なクッカーはアルミ製。焦げ付きにくく意外と丈夫でチタンよりわずかに重いだけ。この点からキャンプにはアルミのクッカーがお勧めです 。


 昔、海陸軍が使っていた、“キャンティーン(水筒)”キットがありました。元はアルミ製の物で、現在はカップがステンレス、水筒がプラスチックがメインで購入可能です。

自分は凝り性なため、アメリカからアルミ製のキャンティーンを購入しました(本体の倍以上と高く付く^^;)

そのキットには、水筒、カップ、別購入にストーブ(カップを沸かす支え金具)、アルコールまたは固形燃料、その容器と五徳です。やはりあると便利が、折り畳式簡易テーブルとウインドスクリーン(風防壁)、チャッカマン(ガストーチ)等です。

山の楽しさの一つが、上記キャンティーンキットを用意しそれでラーメンや炒め物、コーヒーを楽しむことです。手軽にインスタント品がいいでしょう。

!食器を汚したくないなら、カップで湯を沸かすだけでもいいんです。カップラーメンやカップインスタントコーヒーで可能!
これでタダのトレッキングが、一段と楽しいものになること間違いなし。
DSCF0587 コピー.JPG DSCF0580 コピー.JPG-----------------------------------------------------------------------
            仁川甲山・軽登山道

その山中で見かけたかわいらしい落書き>多分、同じ人(子供?)が書き残したと思われます。癒されるね♪
 仁川刑登山道の可愛い落書き1.JPG 仁川刑登山道の可愛い落書き3.JPG 仁川刑登山道の可愛い落書き4.JPGキャラ.JPG    

       浄水場前の道路にあるマンホール↓無題.png----------------------------------------------------------------------- 

足捌き

ゆっくり小幅で登ることです。道に迷ったら、いったん、前トレッキングコースまたは頂上に戻り、地図で方角確認を。 決してコース以外の道や谷などに行かないことです。

また黒い衣服は避けた方がいいでしょう。冬以外、黒色はハチなどの危険生物に襲われやすいためです。

足は登りよりも下りが比較的油断しやすく滑りやすい。また足腰に負担が大きいのが下りのようです。苔、幹などは踏まず小股で足場を確かめながら注意して下りましょう。

-----------------------------------------------------------------------

※階段


登山でアドバイスの一つとして階段コースより坂です(ただし、坂のコースが有れば)。それは、登り足の負担としては、階段だと、その段差分の足を上げなくては成らないから。それが長距離続くとかなり辛いのです。登りで一番筋肉負担となるのが長い階段だから、坂の多いコースをお勧め。スロープだと極端に言えばスリ足でも登れます。

階段の人工的道よりも、坂のほうが自然の状態に近いともいえます。逆に下りの場合には坂だと滑りやすいので、階段を利用しましょう。
-----------------------------------------------------------------------

食事

ハイキングに出かける準備としてお弁当ですが、今ではコンビニやスーパーなどで用意する人も多いでしょう。そこでアドバイスですが、一人分の食事は一人で買い物かごに入れて購入しましょう。なぜなら、一つの買い物かごに皆さんの分まで入れてしまうと、精算と仕分けが後で混乱するのです。その時間でロスとなります。もし、まとめて割り勘となれば、誰かが不公平になってしまうもの。
-----------------------------------------------------------------------

マナー>

 ゴミを持ち帰る。二人または数人以上で出かけるときも、他人にゴミを任せず、一人分のゴミは一人で責任を持って持ち帰りましょう。それがトラブルにならない方法の一つと思います。

集団で登るときには、固まらずに2〜3人で行動しましょう。また、登りの方のために、下りの方が道を譲りましょう。

2人以上などチームワークの場合、間違った道で後戻りするのは仕方ないですが、一人の些細な疑問・好奇心などで、わざわざ進んだ道を意味もなく後戻りなどすると、その分、自分のみ成らず、相手までも無駄な体力を消耗させることになるので注意しましょう。  

 ひどい場合、後戻りして、後戻りした道をまた戻るという、3重手間にもなります。また、一人のわがままで別のコースを欲張り、わざわざ往復を繰り返すなどは一人ならともかく、他人まで巻き込まぬよう気を付けましょう。

 コースは前日に地図などで確かめた上で、出かけましょう。途中コースを変更する場合も、仲間の承諾を得て確実なコースを確かめた上で決定しましょう。一人が仕切るばかりではかえって、チームワークを乱す原因にもなります。

-----------------------------------------------------------------------  

チームワーク>

数人で行動すると、体力ある若者は先々に登ってしまいがち。それでは困りもの。人それぞれのペースがあるので、必ず登山者の先輩、目上にあたる方のペースに合わせ、先々に登らないこと。

 同じく、目上にあたる方も目下の方に合わせ、お互いが無理のないように登りましょう。  最低でも1時間に10分ほどの休憩をとり、ハイキングでは急ぐようなスケジュールにならないよう、ゆとりを持ったスケジュールを組むことです。

 ハイキングにしろ旅にしろ、数人となればメリット・デメリットがあるもの。それは一つの試練を迎えることに成るといえます。チームとなれば仲間への気遣いが伴うのです。初心者は登山に慣れた仲間とハイキング行くようにしましょう。

 慣れた頃には一人のトレッキングも乙なものです。ですが一人の場合は事故には気をつけるべきで、自分しか基本的に頼れないんです。
-----------------------------------------------------------------------

余談>


西日本にはツキノワグマ、東日本には最も凶暴なヒグマがいます。

ツキノワグマは、臆病で向こうから人を襲うことは少ないようです。しかし警戒心から身を守るために襲ってくることもあるのです。

そしてヒグマがやっかいで、自分の臭いを付けたものに執着心があり、その獲物はとことんまで襲うという習性があるのでもっとも危険なクマ。

そこで、国への提案としてですが、今では超強力レーザーやテーザーがあり、これは鉛の弾丸銃と違い、衝撃音も振動もほぼないため扱いやすいです。しかし、自分や他人に当たってしまう危険性はあります。貸し出しの登録制にする必要がありますね。トレッキングでの猛獣対策としては有効だといえます。

★安心のために>自分の長いトレッキング経験で、猛獣に遭遇したことは一度もありません。他者も意外と猛獣には遭遇していない人が多いです。運が良かったのでしょうか?
 それには私と同様、低登山専門にしていることもあるのではないでしょうか?私は逃げるイノシシと蛇、猿(猿は一度)を数度見かけたくらい。

note-398685-i1-img.JPEG

みなさん、楽しいトレッキングライフを!!

ベーシック・インカム (BI)

 長々とベーシックインカム基本所得)について説明する必要もないだろう。

すでに周知となってるからだ。ベーシックインカムの実現には財源の問題があるといわれるが、それには、現在までの計算でいうならば財源がないのは正解なのだ。それには最近近海で発見された資源を全く含めていないからである。そしてBI実現効果をないがしろにもしている。

 実に財源発見されたのだ
 
 確実な資源が昨今発見され、我が国の物質資源の現実的希望がある。メタンハイドレートそして、同じく最近発見され期待される資源がマンガン団塊である。更に、日本は高品位な金鉱床が採掘できる世界でも金埋蔵量上位に来る資源大国であり鬼に金棒だ。貧困が消え、好景気となる期待はすでに夢でもない。

 BIの実現によって、購買意欲があがり、消費率が今までより遙かに期待できるからである。好景気により、税率が当然上がる試算だ。それが加わり十分に財源となる見込みなのだ。

遅くともこれら資源が稼働すればBIは当然ながら実行できる。

 ※27条

1.すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

ここで勘違いしないで頂きたいことが、

これはAI提唱以前の古い努力義務の規定であって、法的拘束力がまったくないのであり、スローガンに過ぎないのである。だから、国が強制労働を国民に課せるようなことは憲法の性質上ありえないのだ。つまり、労働しようとしまいと国民の自由でもある。だからか、BIが現実、実施されるのだともいえる。

 

※フリーエネルギーが開発されることが過去にも希にあるようだが、当然のように化石燃料関係等、 営利組織から圧力により潰されるようだ。その意味には、もしフリーで提供されてしまえば、化石燃料で利益を肥やすことが出来ずそれに頼っていた企業が路頭をさまようからであり、ほかにも利益を生まないエネルギーは社会に仕事が回らないばかりか、お金が動かない非産業と化するためである。
 
マンガン団塊、金などはフリーエネルギーには直接つながらないので大丈夫だろう。しかし、石油などに代わる資源であるメタンハイドレートは石油系企業には打撃になるため、すぐには稼働しないかも知れない。
 
 新しい案に対しては、必ず、批判はある。夢の話にも聞こえるせいもある。しかし、生活保護も同じく、夢のような話だった。そして、生活保護は批判が多い、それは、不正受給する輩がいること、貧困だけに支給されるといった妬みも多いからだ。BIは、この問題を払拭し、金持ちも含めた全員に支給されるから、納得するだろう。
 
そのため、BI実現により、ほかの生活補償を無くすという話があるが、上記資源確保により、BI以外の補償その中に、年金などを無くすことを国民は決して許してはならない。また、日本では8万円の支給と予想されており、後に、5万円説も出てきた。しかし、資源と国民の数からして12万以上は可能であるから、決して国の決断に甘んじてはいけない。
 
※現在まで人間は、自分が仕事に向いていなくとも生涯労働し苦労するのが当然だと言い張りニートを拒む人たちがいる。しかし、自分が苦労したのだから、君たちも苦しむのが当然だと、苦労の押し付けが果たして正義だといえるのだろうか。他人の余計な干渉も甚だしいと疑問が残っていた。
 
 
それがBIになれば、世間の気持ちも変わるのではないか。合わない仕事を無理に労働しなくても〝誰も”が最低限の生活ができるのだから世間の押しつけや妬みも無くなるのではないだろうか。ビジネス(仕事)の"向き不向き"に応える社会こそが進化した文明の姿だろう。
無理をし、体や精神を壊しまた、自殺するまでに追い込まれているこの現代までの間違いを正すのが、この “ベーシック・インカム"ということ。
 
 
※デメリットのよくいわれることに、労働意欲が下がるであるが、後にも補足するが、意外と、労働欲をそそる策ともいえるようだ。しかも多くの方が積極性を持って仕事をするという意欲も発生すると云われる。
 
基本所得8万円プラスへの“労働意欲の増大”も期待がある。
これには人には欲があり、少し働けばBI+のお金が増える喜びも大きいのだ。
ベーシックインカム実現によって無理を強いられた企業の雇用義務からの解放、そして、労働者の無理なく勤務できる態勢、無理をしてまで人間関係の会社で働くことも避けられるという大きなメリットさえあるのだ。それによって鬱病対策ができる。

 これほどの素晴らしい政策を推さないのはもったいない、皆さんももっと政府に推すべきだろう。 

生活保護に代わるBIが次の手でありこれ以上の貧困対策は現時点ではない。

新聞記事で読んだことがあるが、正確な文章ではなく、おおよそこのようなこととして>記者が、「生活費を国から支給されることに甘んじるな。怠けた気持ちでは良い仕事は出来ない。良い仕事をするために、これからも生き延びるために自ら労働することを肝に銘じるべきだ。」

しかし、気持ちも昔なら分かるのだが、この現代、AI技術ロボット化が進み、今後はロボットが人の代わりとなって良い仕事が生産される世の中に突入しているから、これをないがしろにしてはいる。そして、社会文明とは、人が怠けるため(3K等の代替)に発達していて将来的には人は労働しない世界に向かっていると極端にいいたい(人の手作業の価値を残すだろうし、希望の職を全く断つことではないと思う)それが社会文明だと。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Gigazin抜粋参照からは、2016年1月、「ベーシックインカム」の大規模な実験が、オランダで4番目に大きな都市ユトレヒトでその動向を確かめるためにも行われます。金額は約12万円、妻帯者や妻子持ちには約18万円を毎月無償で給付するというものだそうです。

カナダのマニトバ州ドーファンでは「MINCOME」と呼ばれるベーシックインカムに関する実証実験が行われました。このプロジェクトではドーファンに住む全ての人に定期的に資金を提供することで、人々の行動がどのように変化するのかを確かめています。

オランダ以外にも実験は行われており、MINCOMEの実験結果をまとめた『貧困のない町』という報告書を2011年に公開していて、全体の就業時間が短くなった、これは金銭的な束縛から解放され人々が子育てや勉学などに集中できるようになったとのこと。

加えて、MINCOMEに参加した人々は病院に行く頻度が少なくなった、町全体の保健医療施設はメンタルヘルス関連の苦情の件数が減ったことも明らかになっています。

“男は何を身に着けるか!”(何を着るか迷える人には参考になれば)

BASIC WARDROBS”【basic・coordinated】または【standard・coordinated】【conservative

 

 サラリーマンにとっては一大事。安定のない流行に左右される衣料など、仕事で活躍する男にとって必要な事じゃありません。お金持ちになってから流行衣料のことなど考えればいいのではないでしょうか。

男性は女性に比べて、流行ファッションにアンテナを張るのが苦手な性分なのです。仕事を優先する男にとって、その間に流行ファッションに伴う時間・手間を考えれば直さらです。

 

 一通りTPOに必要な物は揃えるのです。しっかりした作りで、流行に左右されず、いつの時代にも年齢に関係なく、安心して着続けられる飾らない実用衣料を男は選ぶべきじゃないでしょうか。

 人と同じ服でかぶることも喜びとなる服はベーシックワードローブだけです。ベーシックワードローブとは基本型・実用的に作られた服で、そこには流行と云う概念などはありません。実用目的の服であるため、無駄な飾りもなく派手さもないのが特徴です(伝統柄が豊富にあり、楽しめます)。

 

この流行に左右されず、いつの時代にも堂々と身につけられるということ、それはサラリーマンにとってはこの上なく有利です。

 限られた給料の中では、モード系(デザイナーズブランドなど、コンテンポラリーリベラル の流行服)など毎年移り変わり捨てられるファッションでは、出費に果てしがありません。お金持ちならそれでいいですが、特にサラリーマンとなれば安定し愛され続ける服装が一番だと思います。

しかも、多くの人々から支持されている事実。人と同じ服で被ることが喜びとなる服はこのワードローブだけでしょう。それは世間で愛される服という証です。

 

 その衣料の見分け方として、近代ファッション文化史で現在もみんなが永年愛着し続けている衣料です。

それはトラッドでありアーミーでありヘビーデューティーなどとそれぞれのジャンルに存在しています。素晴らしいことに沢山存在するのです。

それをTPOにわたって揃えると便利で有利なのは言うまでもありません。消耗もしますが、消耗するまで愛着がある物と衝動買いによる安直な衣服を着る気持ちや、安物買いの銭失いとは次元が違います。お金にはかえられない尊さもあります。そのことは多くの方がご承知と思います。

 

ただし、流行に左右されない服装ですが、時代時代により若干形が変わる場合もあります、そして旧ベーシック・コーデが手に入りにくい物も中にはあります。ですが、本来の形はしっかりと残っているため廃れてはいません。また、最近はトラッドを知らない若者が多いのではないでしょうか。

その原因にベーシックが定着化したため、ファッション誌また、ファッション・スタッフがわざわざユーザーに推していないことにあるのでしょう。それが慢性したため、ファション・スタッフの間や、若者にベーシックの良さが流通しないことになったのでしょう。ですが、知らず知らずにもおおよそ現代人もベーシック・コーデを着ているものです。

 

 近代ファッション史上、ベーシック・コーデほど成功し定着安定した服装は何も思い浮かばないのには驚いています。おそらく、後にも先にもベーシックは基本となるため廃れることは今後もないでしょう。モード系も永年愛される物ができるとそれはもう、ベーシック・コーデでしょう。ただし、ベーシックの最大ともいえる特徴が、“飾り気がない”“実用的”であるから、モードブランドには壁でもあるのです。

 

※モードの先進国といったイメージがある、イタリアのファッション志向についての記事があるので紹介します。「uomo2010 3 No.60」で、「『定番こそが洒落という知的口実を発見できる』。誤解されてる方が多いのですが、イタリアの男はコンサバ好き。ベーシックなスタイルこそ着こなしの楽しさと洗練があることを、経験的に知っています。さすが、服飾先進国たる所以です。」とあります。ベーシックコーデの実力を敢えて確かめることができるのです。

 

※ベーシックコーデとは、ブランドに拘ることではなく名前で着るのでもなく、上記に説明した意味の服装を着ることです。ブランドの重要性としては、そのコーデを生み出したという尊敬が込められており、そのコーデの本物ということが重要です。 世に生み出した実績を讃える意味で、オリジナルブランドを尊重しています。そして、その流れを正当に汲むメーカーも素晴らしいです。

 

ベーシックワードローブ例:>

カジュアル】では、ジーンズ(主にストレート)、チノパン、クルーネックセーター、Tシャツ、スウェットシャツ、カバーオール、スニーカー、ワークブーツ(別記事参照)など、アメカジに特に多いです。

【ドレッシー】では、ステンカラーコートトレンチコートトラディショナルスーツ、フランネル・ネイビー・ブレザー、パイプド・ステム・ノータック・スラックス、プレーントゥ・ドレスシューズ、ローファーなどヨーロピアンからアメリカンなどに多いです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

<ベーシックコーデ例>

<ジーンズ>

f:id:tourin:20170626213106j:plain

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

<Mountain Parka>

f:id:tourin:20170626213400j:plain

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 <Duck Chore Coat>

f:id:tourin:20170627134954j:plain

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

<Double Flont Work Dungaree>

f:id:tourin:20170627135020j:plain

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

<Railroader Jacket>

f:id:tourin:20170627135039j:plain

< PAINTER PANTS>

f:id:tourin:20170627135057j:plain

etc・・・

 ブーツ(ワークシュー)生活

といったところで、ビジネスシューズは個人的につまらないんですよね。あくまで客そしてオフィスワークに合わせるシューズだからです。

それは小綺麗でないダメといったルールがあってそこには味さえも許されず、

ただ、その味が付けば寿命で捨てるのみで何も面白くもないんです。その点普段履きとしては
ワークブーツ

がおもしろさがあり気楽で好きなんです。ファッション史上を代表する画期的な発明品だと思います。また履き倒してこそ経年変化が乙という生涯の相棒になるんですから、そのすごさは身につけてこそ分かるでしょう。

<Chippewa Vintage Wellington Boot 91091>

f:id:tourin:20121014003940j:plain

<経年後>

f:id:tourin:20130315103718j:plain

 休日にはブーツを履き倒すために雨天以外には必ずトレッキングにウォーキングは欠かしません。ただ、ビーンブーツなら雨天で履けますからね。ブーツのための休日といえるかも。

個人は、凝った作りでゴチャゴチャのブーツは嫌いで、とにかく堅牢な作りで実用的シンプル イズ ベストなブーツが超好物です。レッドウィングやチペワがシンプルで気に入ってます。

自分はチャッカーとデザート以外、中途半端なローカットブーツは好きじゃなくブーツといえば、7インチ以上(10アイレット)が貫禄あって好きですね。

 

 少々の汚れ(アウトドア以外の町なかでは汚れは落としましょう)、傷など付いていて当然の世界であり、しかも堅牢で、メンテナンスをされていれば数十年は履け続けられます。

※レザーブーツは皮革が消臭効果と、除湿効果があるため靴は臭いという概念はほぼ無いと言っていいでしょう。

<LLBean BeanBoot>

f:id:tourin:20110604204454j:plain

<経年後>

f:id:tourin:20130706225734j:plain

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ワークブーツのステータス的存在はやはり、アメリカメーカー・アメリカ製でありワークブーツといえばアメリカが代名詞ですね。 ワークブーツではアメリカが世界最高と云われますが品質より、実績、発祥と伝統でしょう。


日本製(オリジナルに日本規格)もありますが、たしかに丁寧な作りと品質は世界一ですが、アメリカ製は品質の大まかさ、傷、汚れは常にありますが、それでもされど、オリジンを尊重する自分としてはアメリカのワークブーツを選びます。

そして、ワークブーツには年齢も流行の概念自体がない自由な靴になります。

そこがコンサバの利点で、人と被ることで価値を見いだすコーデになります。

モードでは全くこの逆です。


 ※元々、靴は食べ物の残りを再利用して作られているものです。西部開拓時代、アメリカでは、永く育てられた成牛を食べることが多いため、その残りの分厚く堅い革を利用してブーツを作っていました。そのため、丈夫で傷さえ気に掛けずに穿くことのできるものでした。

 ※一方、ヨ-ロッパなどは仔牛の肉を食べることが多く、その残りの革を利用するため、薄い革で作るなめらかなドレスシューズが得意でした。

 

 ※ ブーツは重たそうと聴かれることがありますが、実はハイカットだと足をしっかりと支えることで重量が分散され安定感となり、意外と重たさが気にはならず楽に歩行が出来るんですよ。逆に短靴では重たさが気になるはずです。また、登山などの重たいリュックと下半身のブーツのある程度の重量が安定となり、歩行が楽になるようです。

※ 堅いソールは歩行が辛そうとか思われがちですが、例えば
布団の上を歩くのと畳の上を歩くのと、どちらが歩きやすく安全かと云えば、後者です。そのため、舗装された道だけを歩くのならスニーカーのような軽く柔らかな靴で十分ですが、山道など、ごつごつ安定の悪い道にはしっかりとした堅めでごつごつのソールが安定感があって歩きやすいものです。
また、つま先に反りがあるのも役割があって、その反りにより、歩く都度振り子の作用を生むことで推進力となりスムーズに歩行が進むんです。

<RedWing-877>

f:id:tourin:20070612092342j:plain

 <経年後>

 f:id:tourin:20130706225940j:plain

 夏場にロングブーツは蒸せます。その場合にはオックスフォード・ワークシューズを私は好んで履いてます。

<Chippewa 4INCH PLAIN TOE OXFORD TAN RENEGADE 1901M78>

f:id:tourin:20160313215018j:plain

<RedWing 08052-0 OXFORD BRICK>

f:id:tourin:20160807212416j:plain

 個人的にはRWトラクショントレッド(別称クレープまたはホワイト)ソール、RWスーパーソールは、味が付かないというか、安物っぽく見えるため好みじゃありません。

トラクショントレッドは、汚れると多少の味はありますが、安っぽさはぬぐえません。
渋さと高級感があると思うコルクソールが好みですね。なかでも700コルクが好物でワークに定番のヴィブラム100が超好物です。

また、登山愛好家ならヴィブラム・ラグソールブーツを勧めたいです。
経験上、下山ではほぼ滑りにくいです(苔や幹は避けましょう)。
これはロガーブーツに標準で使われますが、ほかにもライトワーク系ブーツに使ってるものもあります。画像の#100(ユニット式132)ロガー系ブーツだと、アッパーの雰囲気から普段履きに兼用できて便利ですよ。

<RedWing-899>

f:id:tourin:20161030223312j:plain

<経月後>

f:id:tourin:20170720115027j:plain

 

日本未発売RW708(復刻版RW2940、2941含む)はコルクソールが似合うと思うしカスタムしたくなるブーツです。   

f:id:tourin:20080228145402j:plain

<経年後>

f:id:tourin:20121125144206j:plain



 

※ブーツのアイレットですが、間違いなくブラスにペイント(黒または茶)が味が付くと思います。
経年によってペイントが剥がれ、ブラス色が覗くと、むらになり渋さを増しますからね。
銀色のニッケルアイレットだと、いくら経年してもいつまでもギンギラのまま。それなら、ペイントなしのブラスアイレットがまだ味があるというものでしょう。

<ニッケルアイレット(20経年以上)>

f:id:tourin:20170131191308p:plain

<ペイント+ブラスアイレット(7経年)>

f:id:tourin:20170131191307p:plain

   


 レザーソールも好きですが、現在、ワーク系で酷使するソールにオールレザーはまずありません。レザー+つま先部分にラバーソール、かかと部分にはオイルレジスタントソールといったものがあります。

 もちろん、カスタムソールでオールレザーにしてもいいですが、摩擦が弱く、滑りやすいし、水に弱いためメンテナンスも大変でしょう。こういったことで、ワーク系ブーツにオールレザーソールは使わないのです。

 

 

 ★ナイロン・シューレース(RW)の使用感として、以下二種にも特徴があります。

ブラック+ブラウンはナイロンのため丈夫でしかも、しなやかでアイレットに通すときの滑りがよくてお勧め。

気になるのが、タン+ゴールドです。しなやかさに欠け滑りがかなり悪い。粘りっぽい紐と言えます。私はブーツの色的に茶系+ブラスアイレットにはタン+ゴールドがよく似合ってると思います。

 滑りの良さか、滑りのない紐かは個人の好みですが、使い勝っての良さはブラック+ブラウンでしょうか。

レザーシューレースは高級感がありレザーには雰囲気がよく、見た目ではありです。

しかし、使い勝手はナイロンに軍配です。レザー紐はナイロンのように力を入れて締め付けができず、いずれは切れてしまいます。また、手入れも面倒。

<Tan&Gold>

f:id:tourin:20170927174537j:plain

<Black&Brown>

f:id:tourin:20171024113115j:plain

 

 私は定期的なブーツのメンテナンスも大好きです。これはブーツ好きにはきっと分かるでしょう。
定期的な皮革の水ぶきと仕上げのミンクオイル。すり減ったソールのシューグーによる補修。

※普段の手入れの基本は履き後のブラッシングです。
 シューグーの少し磨り減れば継ぎ足せる微調整も便利。20年以上はシューグーでソールは問題なしを証明できたのではないでしょうかね。シューグー補修の見た目の荒っぽさもワークブーツにはよく似合うと思いますよ。


 張り替えだと、自分が手がけるわけじゃないし、価格も高額で納得いきません。
このブーツにはコレだといったソールがあった場合や、全面劣化した場合じゃないと張り替えはしません。

 

 

 20年以上のブーツ歴で一度だけ875のミッドとヴィブラムソールに張り替えをしました。ソールの経年ひび割れだったためです。どうせならヴィブラムにしようと思いました。#132がなかなか無くやむを得ず1136で諦めますが、薄いソール以外、見た目は渋くなりまあまあ満足です。次は必ず#132(^^)

f:id:tourin:20170620150902p:plain

f:id:tourin:20170620145530j:plain

f:id:tourin:20170620145511j:plain

では楽しいブーツライフを!

最初のコンピューターは誰が発明したか

近まで、コンピューターの発明は1945年ENIAC(Electronics Numerical Integrator Computer)の、J.P.エッカートとJ.W.モークリーが長い歴史の間、最初のコンピュータ発明だと言われてきましたが、1973年10月19日、ミネアポリス地方裁判所のラーソン判事が、ENIAC特許は無効と判決を下しました。



企業間の争いがきっかけとなった裁判の過程で、ABCの発明が明らかになったことは“真実はいつの日か明らかになる”という因果かもしれません。

ENIAC>17,468本の真空管と重量27t、所用面積167平方m,消費電力150kWという大規模なマシンでしたがプログラム内蔵式ではありません。この時点でABCを含め、機能は今で云います【calculator】電卓に相当。


 (現在のノンプログラムである電卓(Calculator)はハードはコンピューターと同等ですがソフトを利用しない計算機械との区別でCalculator)

 

 ENIAC登場以前、ENIAC開発に多大な直接的影響、基本設計を与えたのが、

ジョン・V・アタナソフ博士(1903~1995)と当時の大学院生クリフォード・ベリー助手が手がけていたコンピューターです。この計算機は、両者の名を取ってABCAtanasoff and Berry Computer)と名付けられました。


 この計算機械の開発は1939年で、この年アタナソフ氏は、2進法を用いる演算を既におこなっていました。

これは現在のコンピューター共通の原理。


 ABCは試作機であり実用化はしていませんが、その基本設計は後の電子式計算機械・情報技術に多大な貢献をもたらすこととなるのです。


 そのABCの試作機を元に実用化したのがENIACであり、初の実用化コンピューターですが、あくまで、ABCを元に実用化に漕ぎ着けたにすぎなかったのです。


 もしABCが実用化でなかったにしても特許また、世に公表さえされていれば、世界初の電子式コンピューターがABCと歴史に刻まれていたのには違いありません。


 ゆえ、ABCのディジタル・コンピューター発明事実 (解体前の実物計算機械の写真と一部部品、設計図、明細書類等 が存在)など先取点についてもいくつかの事実認定がなされるなど裁判で緻密な審議後証明されました。


 ENIAC裁判によって、ENIAC神話(最初の電子式計算機発明)は崩壊しました。

エッカート氏に悪意はなかったにしても、裁判までABCの基本設計を黙止したことで、アタナソフ氏の発明を盗作した印象はぬぐい去れないでしょう。この裁判により、コンピューターの歴史は遅ればせながら書き換えられることになりました。


1995年6月3日にENIACの制作者プレスパー・エッカート氏が亡くなりました。そして、くしくも同年月15日、アタナソフ氏が死去しました。

 初のコンピュータの発明の原動力でありきっかけが、弾道計算(ENIAC)という、軍事目的から生まれたという説を最近まで信じられていましたが、状況は一変し、軍事とは無関係の連立線形方程式を解法する計算機械(ABC)という平和的な発明だったのです。このABCのサイズは、高さこそ少しありますが縦横がオフィステーブルとほぼ同じサイズでした。