リーバイス生デニムのサイジング

f:id:tourin:20170630190041p:plain

↓水洗い後裾はカットしています

f:id:tourin:20170630190723j:plain


 

シュリンクトゥフィットという布地をご存じだと思いますが、

生デニム (Rigid) 

と言われるものです。
この糊まで付いているパンツを販売してるのは有名な501ジーンズがあります。それを、どいう経路で店員やファッション誌が勘違いしてるのか考察してみました。それには基本的な間違い情報がありました。

シュリンクトゥフィット501は2サイズ大きめを!”と…。これは多くの人が聞いたことがあると思います。
たしかに、2サイズいえ、正確には2インチほどといったほうがいいでしょう。
それはウエストではありません。裾の話っだたわけです。

 実体験で分かりましたが、最初は私もウエストが2サイズ大きめでちょうどになるんだと店員を信じ購入。
洗濯後確かに、ウエストも縮みますし裾は2インチほど縮みましたが、なんと、ウエスト自体は「2」サイズ大きめのままで失敗です。ベルトで縛るか、結局は、ウエストを糸で絞って穿いています(汗)。


サイズまとめ>

※実施例>アメリカ製501シュリンクトゥフィット(生デニム)は、ウエストも裾も洗濯後かなり縮みます。

それは、裾がパッチ表記よりも誤差が大きく、さらに2インチほど縮むため裾は長めに見積もる(表記サイズより長め選択が正しい)。しかし、ウエストは30なら通常のほぼ30インチになるので表記どおりに。

社がレングスのみに正確な収縮率を見逃していたわけです。USA及び日本製で実体験しています。。2サイズ大きめ<裾が2インチのことでしょう。

    このややこしさがあるから店員や冊子が勘違いし、2サイズ大きめと謳う間違いをしたのでしょう。
残念ながら、実体験がない店員でしょう、未だ店員の一部に、生デニムはウエスト2サイズ大きめを勧める事実。ご注意を(汗)。



 なお、昔のデッドストック赤耳時代のパッチ表記と現行('17)501リーバイス生デニム、メキシコ製の個人比較ですが、レングスは相変わらず洗濯後、表記通りに縮まないようです。表記より短く6センチ以上縮みます。

 自分は都会でもリーバイス自体穿いてる人をまず見たことない時代から先んじ501ジーンズは穿いてたわけです。
501の自分の愛用歴史はかなり長いです。苦い思い出となるジーンズの話でした。

余談>

 

 ジーンズのベルトなしは良いかダメかと悩むかたがいますが、悩まないように!!

ループ付きでベルトなしはジーンズだけに許されたアイテムです。

ファッション界で既に認められたお墨付きです(定番)。

ベルトなしスタイルはジーンズ独特のラギッドスタイル。

 

フレイドヘム

 

 簡単には、ロングレングス・カットオフジーンズです。

時代は繰り返すとは本当で、これはもう、40年以上昔に田舎でも流行っています。


さすが、ジーンズにだけ許されたアイテム。ジーンズってラギッドなのがいい!

 ジャケット編>

(上 水洗い前)

f:id:tourin:20170630185257j:plain

(下 水洗い後)約10%ほど縮みます。