試履(着)き専用ストックは商機の可能性

疑問に思った人はいるのでは?

高い靴を買う場合


 安物の靴に関しては問題ないと思いますが、5,000円以上もする靴を買う場合、
人が試着したものの販売は他人の汗や臭いが付着してる心配があるものです。

 なにより、履き皺(シワ)がつくのです。
 これは既にアウトレット品だと感じます。みなさんもきっと腑に落ちなかったと思いますし、
そんな物を買うのが損だと思われませんか?




改善方法
 
販売店がそれぞれの靴のサイズを試履き用で揃える。

すると、試履き皺のついた靴を買うことはなくなります。
考えれば新品の封を開けてはいけないことが原則と考えれば、良い品物の常識だと
思います。

また、ストックは雑に保管できるため、
わざわざ新品商品の箱と包みをめくる また仕舞う手間も省けます。


洋服でも高級な場合、試着によってはシワもできますが、人の汗においが付着
することだってあります。同じく試着専用ストックにするべきだと思います。

在庫抱えの問題ですが、試(履き)着専用だからその各サイズ一つだけストックするだけでよいんです。
その試着専用ストックは、後に店がアウトレット商品として売ることができ
在庫を抱えることはないのです。

靴にとどまらず、客商売を発展向上する上で是非上記アイデアを取り入れて欲しいのです。

※余談>


 ちなみに、試履き皺のつく箇所は、バンプ(甲)です。ここに皺がある場合、
間違いなく試履きしたことになります。

 たとえば、「天然皮革品のため多少、皺がある場合もございます」とは、バンプに関しては違うと思いましょう。製造で甲への皺はつかないはずです。

 細かいですが、レース(紐)が全て(途中もあり)結ばれてる物は、撮影のためや、試履き

のためです。
新品はまず、出荷の都合上、下鳩目だけしか通していないものです(傷、皺がなければ気にすることでもないですが)。